• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 商品内容全般について 』 内のFAQ

49件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • 乳歯が残っているので抜いたほうがいいと診断がありました 補償対象となりますか?

    乳歯遺残(いざん)による抜歯は補償対象外とさせていただいております。 ただし、歯周病等の歯科口腔内症状があり、治療の一環として行う場合は 補償対象となります。 詳細につきましては、保険金請求書類をお送りいただけましたら、 個別に判断をさせていただきます。 治療の一環としての抜歯について、保険金を...

  • アレルギーの疑いがあり、検査を実施しました 補償対象となりますか?

    アレルギーを疑う症状があり、治療の一環として行う場合の検査は 保険の対象となります。 ただし、以下の場合は、保険の対象外となります。 ・予防目的 ・健康体に対して行う検査 ・減感作療法(アレルミューン、事前検査等含む) 詳しくは、保険金請求書類をお送りいただいた後、 個別に判断をさせていただきま...

  • 飼い主だけが動物病院に行き、治療のための薬を処方されました。対象となりますか?

    当社は、「どうぶつ健保」ペット保険普通保険約款に基づき、 「家庭どうぶつが傷病を被り、日本国内の動物病院で 診療を受けた際の診療費」に対して保険金を支払います。 そのため、どうぶつが診療を受けず、薬のみ郵送された場合や どうぶつを伴わなず、飼い主のみの来院で薬を処方された場合等は、 どうぶつに対する...

  • どのような特約がありますか?

    お客様にご選択いただける特約として、ご契約いただいているどうぶつが日本国内において、他人や他の動物に咬みついたりすること等によってケガ等の身体障害を負わせたり、他人の財物を損壊する被害を与え、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いする「ペット賠償責任特約」をご用意しております。 詳しくは...

    • No:88
    • 更新日時:2017/10/03 00:00
    • カテゴリー: 商品概要
  • 保険契約が始まる前に発症したケガ・病気は補償されますか?

    ケガ・病気の原因が生じたときが保険契約の始期日前であった場合、 保険金のお支払いはできません。 以下をご参照ください。 慢性疾患(先天性疾患、眼科疾患、アレルギー等)や診療費が 高額なケガ・病気の保険金請求について、 弊社指定の獣医師による検査や、動物病院のご協力の下、 より詳細な調査を行う場合が...

  • 歯削り(過長歯、不正咬合含む)にかかる処置は対象となりますか?

    【うさぎ・げっ歯目の場合】 過長歯にかかる全ての処置(不正咬合を含みます)、検査、麻酔は 保険の対象外となります。 【うさぎ・げっ歯目以外の場合】 不正咬合については、永久歯の異常に起因する場合は、保険の対象となります。 乳歯遺残に起因する場合は保険の対象外となります。 詳しくは、保険金請求書類を...

  • ダニがいたため駆除しました 補償対象となりますか?

    ノミ・ダニ・ミミヒゼンダニ(ミミダニ)の駆除費用は、2010 年 10 月 1 日診療分より、寄生や炎症等の症状があり、治療の一環として院内で行う駆除のための費用は補償対象とします。ただし、予防目的や炎症等の症状がない場合、またお持ち帰りの予防薬等は対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

  • 1日に2回通院した場合、1日あたりの支払限度額はいくらになるのですか?

    同日に複数回通院した場合は、保険の対象となる診療費を合算の上、 1日の支払限度額を上限として保険金を計算します。

  • 歯切り処置は対象となりますか?

    【うさぎ・げっ歯目の場合】 保険制度運営上、過長歯に起因するすべての処置 (不正咬合を含む)は、保険の対象外となります。 【うさぎ・げっ歯目以外の場合】 歯周病等の歯科口腔内症状があり、治療の一環として行う場合は 保険の対象となります。予防や美容目的として行う場合は 保険の対象外となります。 詳しく...

  • 手術扱いになるケースを教えてください。

    診療を目的とし、器具および全身麻酔を用いて、 患部または必要部位に切除、切開等を行う場合は、 手術扱いとなります。(縫合のみの場合は含みません) 全身麻酔下での歯科処置、整形外科疾患の非観血処置 および食道、胃などにおける異物除去目的のための 内視鏡を用いた処置も含むものとします。 ご不明点がございま...

49件中 21 - 30 件を表示